もったいないので

やっぱり、Swapに割り当てていたZaurusの内蔵HDの領域を使わないのはもったいないので、
/etc/fstabを、

# /etc/fstab: static file system information.
#
#
proc /proc proc defaults 0 0
/dev/hda1 / ext3 defaults,errors=remount-ro 0 1
/dev/hda5 none swap sw,pri=0 0 0
/dev/mmcblk0 none swap sw,pri=32767 0 0
#/dev/mmcblk0p1 /media/cdrom0 udf,iso9660 user,noauto 0 0

とした。
これで、SDカードのSwapを優先的に使うようになるはずだ。

念のためTitchyを再起動後、firefox(iceweasel)を起動してから「swapinfo -s」で確認。

Filename Type Size Used Priority
/dev/hda5 partition 176672 0 0
/dev/mmcblk0 partition 247032 22336 32767

と出た。よしよし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック